ソフトボール用語集

目次

ソフトボール用語集

 

 

学校の保健体育でも勉強するソフトボールは、中学女子に人気があるスポーツですが

社会人が怪我なく手軽に取り組めるスポーツとしても人気があります

 

ソフトボールの元である野球が超人気スポーツである日本では

各都道府県に草ソフトボールチーム(草野球チーム)がありますので

「何か運動してみたい!」って考えてる人にとって参加ハードルが低い競技でもあります

 

これからソフトボールをやってみたいと考えてる方

あるいはソフトボールをやってるけどタッチアップとかダブルプレーとかのルールがよくわからない方

そういった方に向けて、このページでソフトボール用語を解説しておりますので

もしソフトボールに興味がある方はご覧になってくださいね

 

あ行

 

アウトとは

ソフトボールは野球と同じく、3人の選手をアウトにするとイニングが終了し相手と攻守を交代する

 

アウトコースとは

バッターの外側(遠い側)のコースのこと。逆にバッターの内側(近い側)のことをインコースという

 

悪送球とは

守備やピッチングの際、相手が取れないボールを投げてしまうこと。暴投ともいう

 

遊び玉とは

バッターに揺さぶりをかけるためにあえてストライクコースから外したボールを投げること

 

悪球打ちとは

ストライクコースから大きくハズレている、はっきりとしたボール球を打つこと

 

アッパースイングとは

バットを上に向かって振るスイングで打った打球はフライになりやすい

反対にバットを下に向かって降ることをダウンスイングという。ダウンスイングの場合はゴロになりやすい

 

アピール(アピールプレイ)とは

守備側チームが、攻撃チーム側の規則に反した行為を審判に対してアピールすることでアウトを促す行為のこと

例えば、走者のベースの踏み忘れのときに該当走者にタッチして審判にアピールすることなど

 

アベレージヒッターとは

単打(シングルヒット)を得意とするバッターのこと

アベレージヒッターは打率が高い傾向にある

 

甘い球とは

ピッチングで、打者が打ちやすい球のこと

 

甘く入るとは

ピッチャーが投げたボールがバッターの打ちやすいコースに入ること

 

荒れ球とは

制球が安定しない、コントロールが不安定なピッチングのこと。

 

アンパイアとは

審判のこと

 

イップスとは

精神面からくるとされているもので、突然思うようなプレーができなくなる現象

ソフトボールにおいてはピッチャーが特にイップスにかかりやすく、突然コントロールが乱れ今まで通りの制球ができなくなる等がある

 

イニング(回)とは

イニングは〇回とも呼ばれ、両チームが攻撃・守備を一回ずつ行うことをいう

 

イリーガルピッチとは

不正投球のこと(野球のボークと同じ)

 

イレギュラー(イレギュラーバウンド)とは

打者が打った打球が予測できない方向に弾むこと

地面が平らでなく凹凸があった場合にイレギュラーが起こりやすくなる

イレギュラーが起こらないように、しっかりとグラウンドを整備しておこう

 

インコースとは

打者の身体に近いコースのこと。反対に打者の身体より遠いコースをアウトコースと呼ぶ

 

インターフェアとは

妨害行為のこと。打撃妨害・守備妨害・走塁妨害などがある

 

インハイとは

インコース高めのコースに投げられた球のこと。インハイにストレート系の速い球を投げられると打者は空振りや凡退をしやすいため

三振を取るための決め球に使われることが多い

 

インフィールドフライとは

ランナーがいるときに守備側がわざとフライを落としてダブルプレーにすることを防ぐルールで

守備側が内野フライをたやすくキャッチできると判断される状況、かつ塁が埋まっている状況のとき、審判の判断でフライ中に打者をアウトとすること

 

インプレーとは

プレーが続いている状態

 

ウイニングショットとは

2ストライク時に使うピッチャーの勝負球のこと

 

打たせて取るとは

打たせて取るとは、打者を三振にとることよりも凡打させることを主体としたピッチングのことを指す

打たせて取るピッチングは少ない球数で回をこなせるのがメリットだが

チームにはエラーをしない守備力が求められる

 

右中間とは

ライトとセンターの間のゾーンのこと

 

エースとは

ソフトボールにおけるエースとは、チーム内で1番の戦力であるピッチャーのことを指す

 

FPとは

守備を専門に行う選手のことをソフトボールではFPと呼ぶ

 

エラーとは

暴投やトンネル、キャッチミスなど、守備のミスのこと

 

炎上とは

ピッチャーが相手チームに打ち込まれてしまうことをソフトボールでは炎上という

(野球でも炎上という言葉を使う)

 

OPSとは

出塁率と長打率を足した値で打者を評価する指標

 

オーバーランとは

ランナーが、ベース(塁)を大きく越して走りすぎること

 

オールラウンドプレイヤーとは

複数の守備位置を守るプレイヤーや、バントからヒッティングまでそつなくこなせる等

幅広いプレーが可能な選手のこと

 

大ぶりとは

ソフトボールのバッティングスイングの一つ、ホームランや長打を狙っているように見える大きく振るスイングのことを指すが基本的にネガティブな意味で用いられる

反対に単打を狙っているように見える、小さく振るスイングをコンパクトスイングという

 

押し出しとは

満塁のときに四球や死球(デッドボール)を出してしまい点が入ること

 

置きにいったボールとは

球威を抑え、コントロールを重視してコースを定めてストライクを取りにいったボールのこと

強打されることが多く、ソフトボールではネガティブな意味合いで使われている

 

送りバントとは

ランナーを進塁させるため、打者はアウトになっても構わないバントをすること

 

抑え(抑え投手・抑えピッチャー・クローザー)とは

試合終盤でチームが勝っているとき、試合を終わらせるために出場するピッチャーのこと

 

おっつけるとは

内角の球をうまく捌くバッティングのこと

 

お手玉とは

ファンブルのこと。主に守備の送球の際にグローブのボールを掴み損なってしまうことを指す

 

オブストラクションとは

走塁妨害のこと。守備側の選手が攻撃側のランナーの走塁を妨害する反則行為

守備側が打球の処理や送球を行っている際には反則は取られない

 

泳がされる(泳ぐ)とは

バッターがタイミングを外されて腰が入らない状態でバットを振らされる格好のこと

 

 

か行

 

カードとは

対戦相手の組み合わせのことを指す

 

外角とは

アウトコースのこと。バッターの身体から遠い距離に投げられた球

反対は内角(インコース)

 

外野手とは

ライト・センター・レフトの3つの守備位置の選手のこと

守備範囲が広く返球距離も長いため、足の速さと肩の強さが重要になる

 

カウントとは

ストライク・ボール・アウトなどの数のことをカウントという

例「カウントは2ボール1ストライク」といったように実況が説明する

 

カットとは

ファウルを狙ったバッティングのこと

 

カットプレー(中継)とは

外野手からの返球を内野手が一度受け取って(中継して)

ボールを受け取った内野手が塁上へ送球すること

外野から塁まで距離が長いときは、カットプレーを通して塁上へ送球したほうが早くボールを送れる

 

カバーとは

ボールが後ろに逸れたときに、それ以上後逸しないように捕球する選手の後ろに移動しフォローすること

 

緩急とは

ピッチングにおける緩急とは、ボールの速さの使い分けのことを指す

変化球を使うなど緩急をつけたピッチングで打者のタイミングを外すのが一般的

 

完全試合(パーフェクト)とは

ヒットや四球・死球を一度も出さず、1人で投げ終えて勝利すること

完全試合はパーフェクトピッチングとも呼ぶ

 

完投とは

1人のピッチャーが1試合を全て投げ終えること

 

完封とは

1人のピッチャーが1試合を全て投げ終え(完投し)かつ相手打線を0点に押さえること

 

危険球とは

打者の頭部付近に投げられた球のこと

 

犠牲バント(犠打)とは

送りバントと同じ、ランナーを進塁させることを目的として自分はアウトになっても構わないバントのこと

記録では犠打と記載する

 

犠牲フライ(犠飛)とは

無死または1死、ランナー3塁の状態で、バッターが外野フライを打ち

タッチアップで3塁ランナーがホームに進塁し点をとった場合、犠牲フライと呼ぶ

記録上では犠飛と記載する

 

逆球とは

キャッチャーが構えたコースとは逆の方向に投げてしまうピッチングのこと

 

キャッチャー(捕手)とは

ピッチャーのボールを受ける選手のこと。捕手ともいい

守備の際はヘルメット・マスク・プロテクター・レガースといった防具をつける

 

球威とは

ピッチャーの投げる球の勢いや強さのことを言う(実際に球速〇〇キロ以上という定義があるわけではない)

 

救援投手とは

リリーフピッチャーのこと

先発投手がピンチの場面にリリーフピッチャーを出すことが多いため

救援投手投手という用語ができた

 

強襲とは

野手に飛んでくる非常に強い打球のこと。ヒットになると強襲ヒットと呼ぶ

 

キレとは

ピッチャーの投げたボールの鋭さのこと

ストレートに用いる場合、打者の近くに来ても球威・球速が衰えないことを指し

変化球に用いる場合、スピードの速さや変化量が大きい(あるいは打者のすぐ近くで大きく曲がる)ことを指す

 

金属バットとは

金属製のバットのこと

 

グラブ(グローブ)とは

守備の際に用いられる、球をキャッチする道具のこと

 

グランドスラムとは

満塁ホームランのこと

 

クリーンアップ(クリーンナップ)とは

3番・4番・5番の打者のことを指す

1ヒットで得点できる、得点圏で打順が回ってくる可能性が多いとされる打順

 

クリーンヒットとは

打球がきれいに外野に飛ぶヒットのこと

 

グリップとは

バットを握る部分のことをグリップと呼ぶ

(グリップを)短く握るとは、グリップの上側(バットの先端側)を持つことを指す

※短く持つ方がコンパクトにスイングできる

 

 

クロスファイヤーとは

左投げのピッチャーが右打ちの打者の内角を鋭くえぐる投球のこと

 

クロスプレーとは

ランナーと守備選手がベース上でアウト・セーフを巡って争うプレーのこと

ギリギリのタイミングでアウトかセーフかが決まる場面で使う

 

敬遠とは

わざとフォアボールを与えること。打たれないためにストライクコースから大きくはずれた球を投げる

長打を打たれないため、1ヒットで点を取られそうなときにあえて強打者・好打者と勝負をせず敬遠を与えることがある

 

継投とは

ピッチャーの交代のことを継投という

 

ゲッツーとは

ダブルプレーのこと

 

ゴロとは

地面に転がるボール。

(ゴロに対し、上空に高く上がるボールのことをフライという)

 

コンバートとは

メインで守っているポジションを、他の守備位置に変えること

例)内野から外野へコンバートする、投手から野手へコンバートする 等

 

コンパクトスイングとは

単打を狙って、小さく鋭く振るスイングのこと

 

 

さ行

 

サード(サードベース)とは

三塁手のこと、または三塁ベースのこと

 

サイクルヒットとは

1人の選手が1つの試合で、単打・2塁打・3塁打・本塁打を打つこと

 

サインとは

監督やコーチ、キャッチャーが送る指示のこと

相手に悟られないように次の行動(送りバントや盗塁など)のサインを送る

 

サウスポーとは

左投げ投手のことを指す

 

差し込まれるとは

相手の球威に押され、ミート位置が後方にズレてしまうバッティングのこと

 

左中間とは

レフトとセンターの間の外野ゾーン

 

サヨナラとは

9回裏以降の回で、得点を奪った時点で勝ちが決まったときのこと

例)サヨナラヒット、サヨナラホームランなどが代表的

 

三者凡退とは

1イニング中に一人もランナーを出さず、3人でイニングを終わらせること

 

三振とは

2ストライクの状態で、次の球をバットに当てられずに振ること

あるいは2ストライクの状態で、次のストライク球をバットを振らずに見逃してしまうこと

バットを空振りして三振した場合、空振り三振と言う

 

残塁(ランナー残塁)とは

ランナーが塁にいる状態で3アウトを取られ、その回が終わってしまうこと

 

シーソーゲームとは

1つの試合の中で逆転・再逆転が繰り返し起こる試合のこと

由来はシーソーのように上下が逆転することから。野球以外の競技でも使われる

 

自責点とは

ヒットや四死球・暴投などピッチャーの責任でとられた点のこと

野手のエラーにより取られた点は自責点に数えない

 

自打球とは

バッターが自分自身で打った打球に当たること。ファールとカウントされる

 

失策とは

守備側野手のエラーのこと

 

シフトとは

相手バッターやランナーの状況によって野手陣が守備位置を変えること

例として、バントシフトやゲッツーシフトなどがある

 

ジャストミートとは

投手の投げたボールをタイミングをあわせてバットの芯で捉えること

ジャストミートした打球は強く飛んでいく

 

ショート(遊撃手)とは

セカンドベースとサードベースの間を守備するポジションの野手

 

守備妨害とは

相手の守備を妨害する反則行為

主に、守備側の送球をランナーやバッターが身体で邪魔した場合、守備妨害を取られる

 

ショートバウンドとは

野手の手前で小さくバウンドするボールのこと

捕球が難しい球であるが、内野手はショートバウンドのボールを処理する場面が頻繁に回ってくる

 

勝負強さとは

ピンチを抑え、チャンスをものにできる力(強さ)を表す。よく「勝負強さを見せるか?」というフレーズで用いられる

例えば、最終回、ツーアウト2塁で一打同点の場面で、バッターが勝負強さを見せればヒットを打ち同点となり、チャンスをものにしたので

打ったバッターは勝負強いバッターと言える

勝負強さという用語は一般的にも用いられる用語だが、ソフトボールではここぞという場面でよく用いられる

 

進塁とは

ランナーが次の塁に進むこと

 

スイッチヒッターとは

右打席からでも左打席からでも打てる打者のこと

打席を変えるときはスイッチするという

 

スコアリングポジションとは

2塁・3塁など1ヒットで得点できる得点圏にランナーがいること

 

スターティングメンバーとは

試合開始時に出場するメンバーのことをスターティングメンバーという

選手が交代できるスポーツで幅広く使われる

 

ストライクとは

ピッチャーが投げたボールがストライクゾーンを通過してキャッチャーのグローブに収まること

あるいはバッターがスイングするがバットにボールが当たらなかった場合のことをストライクと呼ぶ

 

ストライクアウトとは

三振のこと

 

ストライクゾーンとは

ピッチャーが投げたボールがストライクになるエリアのこと

大まかには決まっているが審判によってストライクゾーンに微妙な違いがある

 

ストレート(直球)とは

一番オーソドックスな球。直球や真っ直ぐとも言う

ボールがキャッチャーの元まで真っ直ぐ動く軌道を描くボールで、変化球と比べ肩や肘に負担がかからない

 

スナップとは

手首の屈伸のこと

スナップが強い、スナップが利いていると使われる

ボールを投げるときにスナップを利かせて投げると、より強いボールを投げられる

 

スピードガンとは

球速を測る器械のこと

 

素振りとは

ボールを打たずにバットを振る、ソフトボールの基本的な練習方法

 

スライスとは

右打者なら右方向へ、左打者なら左方向へ打球が曲がっていくこと

 

スライディングとは

ランナーがベースに足や頭から滑り込むこと

オーバーランや野手との衝突を避けるためや、アウトになるかセーフになるか微妙なタイミングのときに使う

 

スラッガーとは

長打力を持つ強打者のこと

 

スリーバントとは

2ストライクの状態でバントを行うこと

野球では2ストライクからのバントをファールにしてしまうと打者は三振でアウトになる

 

セーフとは

ランナーがアウトにならずに塁に到達すること

 

セーフティバントとは

打撃する構えからバントを行うこと

守備側は打つかバントするかわからないため、前進守備をとれないため

打者がヒットを狙えるバント

 

制球とは

コントロールのこと。制球力とは投げたボールをコントロールする力のことを指す

 

セカンド(セカンドベース)とは

ファーストベースとセカンドベースの間を守る選手のこと

または2塁ベースのこと

 

前進守備とは

野手が通常よりも前の位置で守ること

 

センター返しとは

センター方向を狙ったバッティングのこと。打球はピッチャーの横・上を抜けていく

 

走塁妨害とは

ランナーの走塁を妨害する反則行為

走っているランナーに野手が守備行為とは関係なく、身体や腕、足をぶつけてしまうと走塁妨害を取られる

 

 

た行

 

タイスコアとは

同点である状態のことを指す

 

代走とは

ランナーの選手交代のこと。ピンチランナーとも呼ぶ

試合終盤でランナーが出たとき、1点を取りに行くため足の速い選手を代走として出すことが多い

 

代打とは

バッターの選手交代のこと。ピンチバッターやピンチヒッターとも呼ぶ

チャンスの場面で必ずヒットを打ってくれる選手を代打として出すことが多い

 

タイムとは

審判により試合が一時的に停止すること

タイムの申告は選手・監督・コーチが必要に応じて行い

タイムの時間中に作戦を伝えたり確認をする

 

タイムリーエラーとは

得点を許してしまうエラーのこと

 

タイムリーヒットとは

得点に繋がったヒットのこと。ツーベースヒットの場合はタイムリーツーベース、スリーベースヒットの場合はタイムリースリーベースという

 

ダイビングキャッチとは

フライや、野手の間を抜けるコースの打球を捕る際に野手が体を投げ出して飛び込んで打球をキャッチすること

 

ダイヤモンドとは

ファースト、セカンド、サード、ホームのそれぞれのベースを結んだ正方形を指す用語

 

タコとは

ノーヒットのことを揶揄してタコと呼ぶ

3回打席に立ってノーヒット出会った場合は「3タコ」といった具合に使う

 

立ち上がりとは

投手が登板してからの1回~3回までイニングの間の状態を指す

 

奪三振とは

三振を奪うこと

 

打撃妨害とは

打者の打撃を妨害する反則行為のこと

キャッチャーがバットにミットを当てる等があるが、意図的でないことが多く

打撃妨害は滅多に起こらない

 

タッチプレーとは

ベースから足が離れているランナーに対し、ボールを持った野手がランナーに触れる(タッチする)ことでアウトを取りにいく行為

 

タッチアップとは

フライがうち上がり、それがキャッチされた後にランナーがベースから足をはなして次の塁への進塁を狙うこと

 

球足とは

バッターの打った打球の勢いのこと

打球の勢いが強いときに「球足が速い」と表現する

ただし、球足が遅いとはあまり用いられない

球足が早い打球が飛ぶと、内野を抜けやすいが球足が速いゴロを補給した場合、守備側はダブルプレーを狙いやすい

 

ダブルプレーとは

一つのプレーで2つのアウトを取ること。ゲッツーとも呼び

塁が埋まっているときに内野ゴロを打ってしまったときに起こりやすい

3つのアウトを取った場合トリプルプレーと呼ばれる

 

ダブルベースとは

1塁ベースに白色とオレンジ色の2つのベースと使って

白色ベースはフェアゾーンに、オレンジベースはファウルゾーンに設置することで

走者と野手の接触を防ぐ

 

 

打率とは

打者のヒットの数を打席数で割ったもの

 

チェンジとは

3アウトを取った後、攻撃側と守備側のチームが交代すること

 

チェンジアップとは

遅いストレートのこと。打者に対してタイミングを外した遅い球を投げることで空振りや凡退を狙う

 

チップとは

バットにボールがかすること

 

長打とは

2塁打以上のヒットのこと

ツーベース・スリーベース・ホームランの3つのヒットのことを指す

 

長打率とは

長打になった割合のこと

 

長打力とは

2塁打以上の大きな打球を飛ばす力・能力のこと

 

釣り球とは

打者の空振りを誘うボール

ストライクゾーンから離れた高めのボール球を投げて打者の空振りを誘うなど

 

DPとは

打撃を専門に行う選手のことをソフトボールではDPと呼ぶ

 

テキサスヒットとは

ふらふらっと力なく上がった打球が野手のいないフェアゾーンに落ちてヒットになること

ポテンヒットとも呼ぶ

 

デッドボールとは

投手が投げたボールがバットを振っていない打者の体に当たること。死球とも言う

デッドボールを受けた打者は1塁へ進塁する

ちなみにストライクゾーンで打者の体に当たるとデッドボールにはならずストライクとなる

 

得点圏とは

1ヒットで得点できる塁にランナーがいる状況のこと

 

トリプルプレーとは

1つのプレーで3つのアウトを取ること

非常に珍しいプレー

 

トンネルとは

守備の際に野手が打球を捕球できずにボールが股の下を通過してしまうこと

野球選手にとっては恥ずかしいプレー

 

ドンマイとは

失敗した選手や得点を取られたときに対して使う励ましの掛け声

英語のDon’t mind(気にするな)の略語で野球以外でも幅広く使われる言葉

 

 

な行

 

内角とは

内角とはインコースのことで、バッターに近いコースを総称する言葉

反対にバッターより遠いコースを総称する言葉は外角(アウトコース)という

 

内野手とは

内野を守るポジションにいる選手のこと

ファースト・セカンド・ショート・サード・ピッチャー・キャッチャーのことを指す

 

内野安打とは

内野への打球がヒットになること

 

流し打ちとは

右バッターなら右方向(ライト方向)へ

左バッターなら左方向(レフト方向)へ打球を打つこと

 

抜け玉とは

ピッチャーが投げたすっぽ抜けの球のこと。ストライクゾーンから大きく逸れた球になる

 

ネクストバッターズサークルとは

次の打順の選手が待機する場所

ネクストバッターズサークルには丸い円が描かれており、次の打者はその円の中で待機する

(必ず円の中で待機しなければならない訳では無い)

 

ノーコンとは

コントロール力(制球力)がないピッチャーを揶揄する言葉

ノーコントロールの略

 

ノーヒットノーランとは

一本もヒットを許さずに完投し、勝利すること

完全試合との違いは、四死球があるかどうかである(完全試合は四死球も許されないがノーヒットノーランは相手に四死球を与えてもよい)

 

ノックとは

基本的な守備練習のこと

ノッカーが選手に打球を打ち、それを野手が処理する練習

 

伸びとは

ストレートの球質のことで、伸びのあるストレートはボールがキャッチャーに届くまでの減速が少ない為

打者から見るとボールが手元で浮いてくるように見える

できるだけ縦方向の回転・かつその回転数が多い球を投げることで伸びのあるストレートが投げられる

 

 

は行

 

ハーフスイングとは

打撃において、バットを振り切る前にボールと判断して途中で止めたスイングのうち

振ったとみなされストライクを取られるスイングのこと

 

パーフェクトゲーム(パーフェクトピッチング)とは

完全試合のこと

 

バスター(バスターヒット)とは

バントの構えからヒッティングに転じるバッティング方法

 

パスボールとは

後逸のこと。キャッチャーがピッチャーの球を取れずに後ろに逸らしてしまうこと

 

バックホームとは

捕手への返球のこと。外野手が捕手へ返球するときだけでなく、内野手が捕手へ返球する際も使う用語

 

バッターボックス(打席)とは

バッティングの際に打者が立つ場所のこと

 

バッテリーとは

ピッチャーとキャッチャーのペアのことを指す

例)息の合ったバッテリー

 

早打ちとは

打者が早いカウントで打つこと

 

パワーヒッターとは

長打が期待できるバッターや長打力のあるバッターのこと

 

バントとは

バットを水平に構えてボールに当てて転がすことを狙うプレー

単にランナーを次塁に進める送りバントの他にも

自分がヒットを狙うセーフティーバント、バットを押し出して強いボールを転がすプッシュバント、3塁にランナーがいるときに行うスクイズバントなど

バントにも色々な種類がある

 

バントシフトとは

バントに備えて三塁手・1塁手が前進守備を取るシフトのこと

 

ビーンボールとは

ピッチャーが故意に打者の頭付近を狙って投げたボールのこと。危険球とも言う

 

ピッチャーとは

守備の際、バッターにボールを投げる役割の選手のこと

 

ピッチャー返しとは

ピッチャー目掛けて飛んだ打球、またはピッチャーに返すことを狙ったバッティングのこと

 

引っ張るとは

右打者であれば左方向(サード方向)へ、左打者であれば右方向(ファースト方向)へ打つこと

バットを引っ張るようにスイングするとボールはその方向へ飛んでいく

逆の方向へ打つ場合は流し打ちと呼ばれる

 

ピンチヒッター(代打)とは

ピンチヒッターとは、代打のことで

打席に立っているバッターの代わりに選手交代して打席に立つバッターのこと

代打を送った場合、前の打者のカウントを引き継ぐ

 

ファインプレーとは

難しいボールを処理したり、捕るのが難しいボールを取ってアウトにするなど素晴らしいプレーのことを指す

野球以外でも、素晴らしいプレーや行いをしたときに使われる言葉である

 

ファーストとは

1塁周辺を守る、内野手のポジション

 

ファールとは

バッターの打球がフェアゾーンに入らずに地面に落ちたりスタンドに入るとファールとなる

0ストライクや1ストライクの場合、ファールを打つとストライクカウントが一つ加算されるが

2ストライクの状態からだと何本ファールを打とうがストライクカウントはそれ以上加算されない

 

ファンブルとは

捕球の際にボールを弾いてしまうこと

打球が強い場合では守備側のミスと判断されず、ファンブルをしてしまってもエラーと記録されない

 

フィールディングとは

捕球や送球など、守備の一連の動きのこと

フィールディングが上手いとは、守備力が上手いという意味

 

フィルダースチョイスとは

守備の際に野手が選択を誤ってしまい、アウトにできるはずの状況で1つもアウトを取れなかった場合のことをフィルダースチョイスと呼ぶ

 

フェアとは

打球がフェアゾーンに入ったこと

 

フォースアウトとは

ランナーが次の塁に達する前にボールを持った野手が次の塁に送球し、アウトにすること

例)ランナー1塁の状態のときに打球を捕球した選手が、1塁ランナーが2塁へ到達する前にボールを2塁に投げ、ボールを受け取った選手がランナーより先にベースに触れると1塁ランナーはフォースアウトとなる

 

フォアボールとは

四球のこと

ピッチャーが打者にボールを4つ与えると打者は1塁へ進塁する権利を得る

1塁にランナーがいる場合、1塁ランナーは2塁へ進塁する

もしも満塁の状態でフォアボールを出すと、3塁ランナーがホームに帰り1点を得る「押し出し」となる

 

フックとは

右バッターなら左方向へ、左バッターなら右方向へ曲がっていくこと

 

プッシュバントとは

バントをするときにバットを押し出して、強い打球を転がすバントのこと

バント処理のために走ってきた野手の横をすり抜けるように転がす

 

フライとは

高く上に上がった打球のことを指す

上がった場所によって〇〇フライと呼ぶことが多い

例)ピッチャーフライ、キャッチャーフライといった、ポジション名+フライや、内野フライ、外野フライといった言葉がある

 

フリーバッティングとは

素振りとは違い、実際にボールを投げてもらい

それを打つ打撃練習のこと

 

振り逃げとは

ツーストライクで空振りやストライクを見逃したとき、キャッチャーが球を捕球できなかった場合は

バッターは野手がボールを1塁へ送球する前に1塁へ到達するとアウトにはならない

このルールで1塁へ出塁することを振り逃げという

 

フルカウントとは

3ボール2ストライクの状況のこと

 

フルベースとは

満塁のこと(1塁から3塁までランナーが埋まっている状況のこと)

 

ブルペンとは

控え投手がスタンバイしている投球練習場のこと

 

併殺とは

ダブルプレー(ゲッツー)のこと

 

ヘッドスライディングとは

ベースに向かって手を出し、頭から滑り込むこと

指や手・肩を怪我する恐れがあるため

あえてヘッドスライディングを行わない選手もいる

 

変化球とは

ピッチャーが打者に対して投げる、ボールの軌道が変化する球のこと

 

ホームベースとは

ストライク・ボールの判定をしたり

ランナーが触ることで得点となる、キャッチャーのポジションに置かれたベースのこと

ホームプレートとも言う。

 

ボールとは

ストライクゾーンを通過しなかった場合に与えられる判定

一人の打者に対して4つのボールを与えると四球(フォアボール)となる

 

防御率とは

投手が投げたイニングと取られた点数との割合のこと

 

暴投とは

ピッチャーが、キャッチャーが捕れないボールを投げてしまうこと

 

ボテボテ(ボテボテのゴロ)とは

バットの芯をはずれ、力なく転がった打球(ゴロ)のことをボテボテ、あるいはボテボテのゴロという

足が速い打者がボテボテのゴロを打った場合、内野安打で一塁がセーフになってしまうことが多くある

ボテボテのゴロを処理するには内野手が前へダッシュして捕球し、素早く一塁に投げる必要がある

 

ポテンヒットとは

テキサスヒットのこと、フラフラっと力なく上がったフライが野手の間に落ちてヒットとなること

 

凡打とは

ヒットにならない打球を打ちアウトになってしまうこと

 

本塁打とは

ホームランのこと

 

 

ま行

 

マウンドとは

ピッチャーが投げる投球エリアのことを指す。マウンドは地面が少し盛り上がっている

 

マスク(面)とは

キャッチャーと主審が顔に装着する保護面(保護マスク)のこと

 

満塁とは

1塁・2塁・3塁がランナーで埋まっていること

フルベースともいう

 

ミートとは

ボールをバットに当てることをミートと呼ぶ

また、バットにボールを当てる能力のことをミート力と呼び、ミート力がある選手は三振の数が少なくヒット数も多い

「ミートを心がける」とは大振りせずに、コンパクトスイングでバットの芯でボールを打つという意味

 

や行

 

野手とは

守備をする選手たちの総称

ピッチャーを除いた8選手や、ピッチャーやキャッチャーを除いた他の7選手のことを指す場合もある

 

遊撃手とは

ショートのこと

 

4-6-3とは

打球がセカンドへ飛んだときのダブルプレーのこと

選手の背番号順に、4(セカンド)、6(ショート)、3(ファースト)とボールが渡っていくことから

打球がショートに飛んだときのダブルプレーの場合は、6-4-3と呼ばれる

 

※野球はポジション順に背番号が割り振られている事が多い

1、ピッチャー

2、キャッチャー

3、ファースト

4、セカンド

5、サード

6、ショート

7、レフト

8、センター

9、ライト

 

 

ら行

 

ライトとは

キャッチャーから見て外野の右側を守るポジションの選手

 

ライト線とは

キャッチャーから見て、ライトの右側に打たれた打球のこと

ライト線ギリギリとは、ライト側のフェアゾーンとファウルゾーンのギリギリの境目を通る打球のこと

 

ライナーとは

フライではなく、水平に近い角度で飛ぶ勢いのある打球

 

ラインアウトとは

ランナーが野手からのタッチアウトを避けるために決められた走路から外れてしまうこと

 

ラインナップとは

スターティングメンバーやオーダーのことで、ラインナップは打者の打順のことを強調する場合に使われる

 

乱闘とは

両チームの選手が殴る蹴るの喧嘩をすること

 

ランナーとは

野球におけるランナーとは、塁に出塁した走者のことを指す

 

ランニングホームランとは

ランニングホームランとは、ヒットを打った選手がそのまま1塁、2塁、3塁と走り、ホームベースまで帰ってきて得点を取ること

 

リエントリーとは

ソフトボールではスターティングメンバーは一度交代しても試合に再出場することができる(自分と交代した選手に限る)

このことをリエントリーという

 

リリースポイントとは

ピッチャーが投球するときにボールを離す位置のこと

 

リリーフ(リリーフピッチャー)とは

投手が降板した後に交代したピッチャーのこと

中継ぎや抑え、ワンポイントリリーフなどがある

 

塁とは

ベースのこと

1塁・2塁・3塁・本塁の4つがある

 

レガースとは

すね当てのこと

 

レフトとは

キャッチャーから見て外野の左側を守るポジションの選手

 

レフト線とは

キャッチャーから見て、レフトの左側に打たれた打球のこと

レフト線ギリギリとは、レフト側のフェアゾーンとファウルゾーンのギリギリの境目を通る打球のこと

 

ロージンバックとは

滑り止めの白い粉が入った小さな袋のこと

主にピッチャーが使用する

 

ロングヒットとは

長打のこと

 

 

わ行

 

ワイルドピッチとは

ピッチャーの暴投が原因でランナーの進塁を許してしまうこと

 

ワンサイドゲームとは

大きな点差がついている試合内容のことを指す

 

ワンハンドスローとは

ボールをグローブで補給せず、投げる手でキャッチしてそのまま送球を行うこと

力なく転がってくるゴロなどに使われる

 

ワンポイントリリーフとは

1イニングだけ・1打席だけ、など

非常に短い間だけワンポイントで出すリリーフピッチャーのこと

 

 

最後に

 

 

ソフトボール用語集はいかがだったでしょうか?

 

女子がやる野球といった印象が強いソフトボールですが

運動から遠ざかっている社会人が気軽に取り組めるスポーツとしてはうってつけです

 

ただし、本気でやるとなるとそれ相応の練習が必要になるスポーツですので

学校のソフトボール部に入りたい!と考えてる人は、ちゃんと練習時間がとれるかを考えておいてくださいね

 

なんでも用語集カテゴリページへ戻る

Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »