古賀紗理那の引退理由について、子供を授かりたいから?【五輪で引退はなぜ?】

バレーボール女子日本代表のキャプテン、古賀紗理那がパリ五輪を最後に現役を引退することを発表しました。

この決断は彼女の長いバレーボールキャリアの中で培われた経験と、数々の挫折や成功を経てのものでした。

引退発表に対しては、ファンや関係者から多くの反響が寄せられ、彼女のこれまでの活躍と今後の展望に注目が集まっています。

この記事では、古賀選手の引退理由やその背景について詳しく解説します。

 

 

古賀紗理那の引退発表

バレーボール女子日本代表のキャプテン、古賀紗理那(28)が、2024年パリ五輪を最後に現役を引退することを自身のインスタグラムで発表しました。

このニュースは、ファンや関係者にとって大きな衝撃となり、多くの反響を呼んでいます。

古賀選手の長いキャリアとその背景にある思いについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

 

引退の決意と背景

古賀紗理那選手が引退を決意した背景には、いくつかの重要な要因がありました。

まず、彼女は小学2年生からバレーボールを始め、その後数々の大会で優秀な成績を収めてきました。

東京五輪での挫折と怪我が、彼女の心に深く刻まれましたが、その後、再び競技への情熱を取り戻し、パリ五輪での有終の美を飾ることを決意しました。

 

 

  • 幼少期からのバレーボール人生
    古賀選手は小学2年生からバレーボールを始め、その後も中学、高校、大学とバレーボールに打ち込みました。特に高校時代には全国大会での活躍が目立ち、将来を嘱望される選手となりました。

  • 東京五輪での挫折と再起
    東京五輪での初戦で右足首を負傷し、日本チームは予選敗退となりました。この挫折が彼女の心に深く刻まれ、一時は引退も考えたと言います。しかし、その後、再び競技への情熱を取り戻し、パリ五輪で有終の美を飾ることを決意しました。

 

パリ五輪での引退理由につて、まだ本人の口から公な情報は出ておりませんが

日本女子バレーのエースとしてチームを引っ張ってきた古賀紗理那の引退は、日本バレー界において大きな痛手です

 

 

 

SNSでの反応

古賀紗理那選手の引退発表に対しては、多くのファンや関係者からの反応がありました。

SNS上では、彼女の決断を支持する声や、これまでの活躍に感謝するメッセージが多数寄せられました。

 

  • ファンの反応
    ファンからは「古賀さん、まじか、、、有終の美飾ってほしいな」「古賀選手パリ五輪後引退か… 衝撃」「古賀ちゃん、パリ五輪で現役引退か、、、 寂しくなるな」「古賀ちゃん、はやいよ…」「古賀ちゃん!?!?!?嘘やろ」など、多くの驚きと応援の声が寄せられました。

  • 関係者の反応
    夫で男子日本代表の西田有志(24)は「いいね!」を付けて古賀の意向を支持し、元代表キャプテンの竹下佳江は「全力応援」、木村沙織は「楽しんできてねーーー」とエールを送り、大山加奈、栗原恵、狩野舞子、新鍋理沙、柳田将洋らも「いいね!」で反応しました。

 

古賀紗理那選手の引退発表は、彼女のこれまでのキャリアを振り返りつつ、その決意と背景を深く掘り下げるものです。

彼女のバレーボール人生における重要な節目として、多くの人々が注目しています。

 

 

 

 

東京五輪での挫折と再起

 

東京五輪での怪我と影響

東京五輪での古賀紗理那選手は、日本チームのエースとして大きな期待を背負っていました。

しかし、初戦で右足首を負傷し、その影響で日本チームは予選敗退となりました。

この怪我は彼女にとって大きな挫折となり、精神的にも大きな打撃を受けました。

怪我による痛みだけでなく、チームメイトやファンの期待に応えられなかったことが、彼女の心に深く刻まれました。

 

 

再び競技への情熱を取り戻す

東京五輪後、一時は引退も考えた古賀選手ですが、競技への情熱は再び彼女を突き動かしました。

悔しさを乗り越え、彼女は再びバレーボールに全力を注ぐ決意を固めました。

新たな目標としてパリ五輪を掲げ、キャプテンとしてチームを引っ張る姿勢を見せました。

 

  • 復帰までの道のり
    怪我からのリハビリは簡単なものではなく、肉体的にも精神的にも厳しいものでした。しかし、彼女は一歩一歩着実に回復し、再びコートに立つことができるようになりました。

  • パリ五輪への決意
    古賀選手は、パリ五輪で再び世界の舞台で戦うことを目指し、トレーニングを重ねました。彼女の中で燃え続ける競技への情熱と、仲間とともに勝利を掴むという強い意志が、彼女を再びトップアスリートの道へと導きました。

 

このように、古賀紗理那選手は東京五輪での挫折を乗り越え、再び競技に立ち向かう決意を固めました。

彼女の精神力とリーダーシップは、多くのファンや関係者に感動を与えています。

 

 

 

キャプテンとしての覚悟

 

キャプテン就任の背景

古賀紗理那選手がキャプテンに就任した背景には、彼女の豊富な経験とリーダーシップがあります。

リオデジャネイロ五輪での挫折を経験し、その後、東京五輪でも怪我に苦しみましたが、彼女は常に前向きに努力を続けてきました。

眞鍋監督は彼女のその姿勢を高く評価し、キャプテンとしての責務を託しました。

 

  • リーダーシップと経験
    古賀選手はチームメイトからの信頼が厚く、そのリーダーシップは若手選手たちにとって大きな支えとなっています。彼女の冷静な判断と的確なアドバイスは、チーム全体の士気を高める重要な役割を果たしています。

  • 眞鍋監督の信頼
    眞鍋監督は古賀選手のキャプテン就任について、「彼女は五輪の厳しさを知っており、日の丸に対する覚悟が他の選手とは異なる」と述べています。これにより、彼女はキャプテンとしての責任を全うすることを期待されています。

 

 

チームへの貢献と責任感

キャプテンとしての古賀紗理那選手は、常にチーム全体の勝利を最優先に考えています。

彼女の責任感と献身的な姿勢は、チームメイトやファンにとって非常に励みとなっています。

 

  • チームの一体感を高める
    古賀選手は、キャプテンとしてチームの一体感を高めるために尽力しています。彼女の指導の下で、選手たちは一つの目標に向かって団結し、パリ五輪に向けての準備を進めています。

  • 自己犠牲と献身
    古賀選手は、自身のプレーだけでなく、チーム全体のパフォーマンスを向上させるために努力を惜しみません。彼女の自己犠牲的な姿勢と献身は、他の選手たちにも良い影響を与え、チームの士気を高めています。

 

このように、古賀紗理那選手はキャプテンとしての覚悟と責任感を持ち、チームの勝利に向けて全力を尽くしています。

彼女のリーダーシップは、日本女子バレーボールチームの未来を明るく照らしています。

 

 

 

 

引退後の計画

古賀紗理那選手は、パリ五輪を最後に現役を引退することを発表しましたが、引退後もバレーボールに関わり続ける意志を示しています。

彼女のこれまでの経験と知識を活かし、後進の育成やコーチングに力を注ぐ計画があります。

彼女の引退後の計画について、詳しく見ていきましょう。

 

 

引退後のバレーボールへの関わり

古賀選手は引退後もバレーボールへの情熱を失うことなく、さまざまな形で競技に関わり続ける予定です。

現役選手として培った技術や戦略を若い選手たちに伝え、次世代の育成に貢献する意欲を持っています。

 

  • バレーボールスクールの設立
    古賀選手は引退後にバレーボールスクールを設立する計画があります。ここでは、彼女の豊富な経験を基に、基礎から高度な技術までを指導し、多くの子供たちにバレーボールの楽しさと重要性を教えることを目指しています。

  • イベントやクリニックの開催
    バレーボールの普及活動の一環として、全国各地でバレーボールクリニックやイベントを開催し、直接指導を行う予定です。これにより、多くの子供たちやバレーボール愛好者が古賀選手と交流し、技術を学ぶ機会が増えるでしょう。

 

 

後進の育成とコーチング

古賀選手の引退後の活動の一環として、後進の育成とコーチングに力を入れることが挙げられます。

彼女の経験とリーダーシップは、次世代の選手たちにとって大きな財産となります。

 

  • ジュニアチームのコーチング
    古賀選手は、ジュニアチームのコーチとして若手選手の育成に携わる予定です。彼女の指導を受けた若手選手たちは、基礎技術だけでなく、試合での戦略やメンタルの強化についても学ぶことができます。

  • ナショナルチームの指導者として
    古賀選手は将来的にはナショナルチームの指導者としても活動する可能性があります。彼女の国際大会での経験と知識は、代表チームの強化に大きく貢献することでしょう。

 

 

このように、古賀紗理那選手は引退後もバレーボールに深く関わり続け、後進の育成やコーチングを通じて日本バレーボール界の発展に寄与することを目指しています。

彼女の新たな挑戦が、多くの若手選手たちにとって大きなインスピレーションとなることは間違いありません。

 

 

 

 

 

古賀紗理那の引退理由についてのまとめ

古賀紗理那選手が2024年パリ五輪を最後に現役を引退することを発表しました。

この決断には彼女の長いバレーボールキャリアと、数々の挫折と成功が背景にあります。

以下に、彼女の引退理由とその背景についてまとめます。

 

引退の決意と背景

古賀選手は小学2年生からバレーボールを始め、長い間日本女子バレーボール界を牽引してきました。

東京五輪での怪我と挫折を乗り越え、再び競技への情熱を取り戻した彼女は、パリ五輪で有終の美を飾ることを決意しました。

夫の西田有志との結婚や、家庭との両立も引退の決意に影響を与えました。

 

東京五輪での挫折と再起

東京五輪での初戦で右足首を負傷し、日本チームは予選敗退となりました。

この経験が彼女にとって大きな挫折となりましたが、その後、再び競技への情熱を取り戻し、パリ五輪でのリベンジを目指して努力を続けてきました。

 

キャプテンとしての覚悟

キャプテンとしてチームを牽引する古賀選手は、眞鍋監督からの信頼を得てキャプテンに就任しました。

彼女のリーダーシップと責任感はチームメイトからも高く評価されており、チーム全体の士気を高める役割を果たしています。

 

引退後の計画

引退後も古賀選手はバレーボールに関わり続ける意志を示しています。

バレーボールスクールの設立や、ジュニアチームのコーチング、さらにはナショナルチームの指導者としても活動する可能性があります。

彼女の豊富な経験と知識は、次世代の選手たちにとって大きな財産となるでしょう。

 

 

まとめ

古賀紗理那選手の引退は、多くのファンや関係者にとって衝撃的なニュースでしたが、彼女の長いキャリアとその背景にある思いを理解することで、その決断の重みが伝わってきます。

彼女の引退後の活動にも期待が寄せられており、日本バレーボール界の発展に大きく貢献することが期待されています。

 

 

 

 

 

 

バレーボール用語集

sportsmanTOPへ戻る

 

 

Pocket
LINEで送る