道脇豊はどこの高校と中学校出身?小学校も紹介!:彼の経歴に迫る【属熊本星翔の星】

道脇豊は、熊本県熊本市出身のプロサッカー選手で、地元の学校で学びながらサッカーキャリアを積んできました。

彼の学歴は、サッカー選手としての基盤を築いた重要な要素の一つです。

本記事では、道脇豊の出身校である小学校、中学校、高校について詳しく紹介し、彼のサッカー経歴にも迫ります。

道脇豊の成長の軌跡を追いながら、彼がどのようにして現在の地位にたどり着いたのかを見ていきましょう。

 

 

道脇豊のプロフィールと生い立ち

 

道脇豊の基本情報

道脇豊(みちわき ゆたか)は、2006年4月5日生まれのプロサッカー選手で、熊本県熊本市出身です。

現在、Jリーグのロアッソ熊本に所属しており、ポジションはフォワード(FW)です。

彼の身長は186cm、体重は70kgで、フィジカルの強さと高い決定力で注目されています。

利き足は右足で、特にヘディングや両足の高精度なシュート技術が特徴です。

 

  • 名前: 道脇豊(みちわき ゆたか)
  • 生年月日: 2006年4月5日(18歳)
  • 出身地: 熊本県熊本市
  • 身長: 186cm
  • 体重: 70kg
  • 利き足: 右足
  • 所属クラブ: ロアッソ熊本
  • ポジション: フォワード(FW)

 

 

幼少期のサッカーとの出会い

道脇豊のサッカーキャリアは、地元の熊本市で始まりました。

幼少期からサッカーに親しみ、小学校では地元のサッカークラブ「太陽SC熊本U-12」に所属していました。

 

ここでの経験が彼の基礎を築き、サッカーへの情熱を深めるきっかけとなりました。

 

  • サッカーを始めたきっかけ: 幼少期に家族の影響でサッカーを始める。
  • 初めて所属したクラブ: 太陽SC熊本U-12
  • 基礎技術の習得: ドリブル、パス、シュートなどの基本技術を習得し、サッカーの楽しさを知る。

 

道脇豊は、小学校時代からすでにその才能を発揮し、周囲から一目置かれる存在でした。

彼のサッカーに対する情熱と努力が、彼をプロの道へと導いていきました。

 

 

 

 

道脇豊の学歴

道脇豊は、熊本県熊本市の地元で学びながらサッカーキャリアを積み重ねてきました。

彼の学歴を通じて、どのようにして現在のプロサッカー選手としての地位にたどり着いたのかを見ていきましょう。

 

 

小学校: 城南小学校

道脇豊は熊本市の城南小学校に通いました。

小学校時代には、地元のサッカークラブ「太陽SC熊本U-12」に所属し、サッカーの基礎を学びました。

この時期に彼の才能が開花し、将来のプロサッカー選手としての第一歩を踏み出しました。

 

  • 学校名: 城南小学校
  • クラブ: 太陽SC熊本U-12
  • 活動: サッカーを通じて基礎技術を習得し、チームプレーの重要性を学ぶ。

 

 

中学校: 城南中学校

小学校を卒業した後、道脇豊は城南中学校に進学しました。

中学校時代には、ロアッソ熊本ジュニアユースに所属し、さらに技術と戦術理解を深めました。

この時期には、全国大会への出場経験も積み、さらに注目を集めるようになりました。

 

  • 学校名: 城南中学校
  • クラブ: ロアッソ熊本ジュニアユース
  • 成長: 技術と戦術理解の向上、全国大会への出場経験。

 

 

高校: 東海大学付属熊本星翔高校

中学校を卒業した後、道脇豊は東海大学付属熊本星翔高校に進学しました。

高校でも引き続きロアッソ熊本ユースに所属し、その実力を発揮しました。

高校時代には、ユースチームでの活躍が評価され、トップチームに2種登録選手として登録されました。

 

  • 学校名: 東海大学付属熊本星翔高校
  • クラブ: ロアッソ熊本ユース
  • 成果: ユースチームでの活躍によりトップチームに登録され、プロデビューの道を開く。

 

道脇豊の学歴は、彼のサッカーキャリアと密接に結びついており、各段階での経験が現在のプロサッカー選手としての彼を支えています。

彼の学歴を通じて見えてくるのは、地元での一貫したサッカー教育と、それを支える環境の重要性です。

 

 

 

 

サッカーキャリアの始まり

道脇豊のサッカーキャリアは、熊本市での幼少期から始まりました。

彼は地元のクラブチームで基本技術を学び、次第にその才能を開花させていきました。

ここでは、彼のキャリアの始まりから現在に至るまでの道のりを見ていきましょう。

 

太陽SC熊本U-12での経験

道脇豊のサッカーキャリアの出発点は、太陽SC熊本U-12です。

彼はこのクラブでサッカーの基礎を学び、多くの試合経験を積むことで技術を磨きました。

小学校時代から高い技術を持ち、周囲から一目置かれる存在でした。

 

  • クラブ: 太陽SC熊本U-12
  • 活動: 基礎技術の習得と試合経験
  • 成果: チームプレーの重要性を学び、技術を磨く

 

ロアッソ熊本ジュニアユース時代

中学校に進学後、道脇豊はロアッソ熊本ジュニアユースに所属しました。

この時期には、さらに高度な技術と戦術理解を身につけると共に、全国大会への出場経験を積みました。

彼の成長は目覚ましく、多くの大会でチームの中心選手として活躍しました。

 

  • クラブ: ロアッソ熊本ジュニアユース
  • 活動: 技術と戦術の向上、全国大会への出場
  • 成果: チームの中心選手として活躍し、注目を集める

 

 

ロアッソ熊本ユースでの活躍

高校進学後は、東海大学付属熊本星翔高校に在学しながらロアッソ熊本ユースに所属しました。

ユースチームでは、その実力をさらに発揮し、多くの試合でチームを牽引しました。

彼の活躍はクラブでも評価され、2022年にはトップチームに2種登録選手として登録されました。

 

 

  • クラブ: ロアッソ熊本ユース
  • 活動: ユースチームでの試合とトレーニング
  • 成果: トップチームに2種登録選手として登録され、プロデビューの準備

 

 

道脇豊のサッカーキャリアは、地元のクラブでの経験を通じて順調に進展し、プロサッカー選手としての基盤を築いてきました。

彼の成長は、周囲のサポートと自身の努力の賜物であり、今後のさらなる飛躍が期待されています。

 

 

 

 

プロキャリアのスタート

道脇豊のプロサッカーキャリアは、地元クラブでの経験を活かし、順調に進展していきました。

ここでは、彼のプロキャリアのスタートからトップチームへの昇格、プロデビューと初得点について詳しく見ていきます。

 

トップチームへの昇格

道脇豊は、ロアッソ熊本ユースでの活躍が評価され、2022年にトップチームに2種登録選手として昇格しました。

この時点で、彼はまだ高校生でしたが、その実力と将来性が認められ、トップチームでのプレー機会を得ることとなりました。

 

  • 昇格時期: 2022年
  • クラブ: ロアッソ熊本
  • 役割: 2種登録選手としてトップチームに参加

 

 

プロデビューと初得点

道脇豊のプロデビューは、2023年2月26日のJ2リーグ開幕戦でした。

16歳10カ月の若さでプロの舞台に立ち、その後も順調に成長を続けました。

特に鳥栖との天皇杯3回戦では2得点を挙げるなど、その才能を発揮しました。

 

  • プロデビュー: 2023年2月26日、J2リーグ開幕戦
  • 初得点: 鳥栖との天皇杯3回戦で2得点
  • 特徴: 高い決定力とフィジカルの強さを活かしたプレー

 

道脇豊のプロキャリアのスタートは、彼のサッカーキャリアにおける重要なマイルストーンとなりました。

彼の実力と努力が実を結び、今後のさらなる活躍が期待されています。

 

 

 

 

ベルギー2部ベフェレンへの移籍と将来展望

道脇豊は、その才能と将来性が評価され、ベルギー2部リーグのベフェレンへの移籍が決定しました。

このセクションでは、移籍決定の背景、ベフェレンでの期待と評価、そして将来の目標と展望について詳しく見ていきます。

 

 

移籍決定の背景

道脇豊のベルギー2部ベフェレンへの移籍は、彼の成長と国際経験を求めるための重要なステップです。

ロアッソ熊本からの公式発表では、「海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のため、チームトレーニングを離脱することになりました」と報告されています。

道脇は近日中に渡欧し、現地でのメディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定です。

 

  • 移籍理由: 道脇の成長と国際経験を求めるため
  • クラブの発表: 「海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のため、チームトレーニングを離脱することになりました」
  • 手続き: 近日中に渡欧し、現地でのメディカルチェックを経て正式契約

 

ベフェレンでの期待と評価

ベフェレンは道脇豊のポテンシャルを高く評価し、トップチームでの帯同を約束しています。

道脇はその高さを活かした空中戦やポストプレー、両足の高精度なシュート技術でチームに貢献することが期待されています。

ベフェレンは1934年創設のクラブであり、リーグ優勝2回、ベルギー杯優勝2回の実績を持つ古豪です。

 

  • クラブの評価: 高く評価され、トップチームでの帯同を約束
  • 期待される役割: 高さを活かした空中戦やポストプレー、両足の高精度なシュート技術
  • クラブの歴史: 1934年創設、リーグ優勝2回、ベルギー杯優勝2回の実績

 

 

将来の目標と展望

道脇豊の移籍は1年間の期限付き移籍となり、今後の成長とパフォーマンス次第でさらなるステップアップが期待されます。

彼のベルギーでの経験は、日本サッカー界にも大きな影響を与えることでしょう。

将来的には、さらに上位のリーグやクラブへの移籍も視野に入れており、道脇の成長が続くことが期待されています。

 

  • 移籍の詳細: 1年間の期限付き移籍
  • 今後の展望: ベフェレンでのパフォーマンス次第でさらなる海外移籍やステップアップが期待される
  • 目標: 国際的な舞台での成長と成功、日本サッカー界への貢献

 

道脇豊のベルギー2部ベフェレンへの移籍は、彼のキャリアにおける重要な転機となります。

海外での経験を積むことで、さらなる成長と飛躍が期待されます。彼の今後の動向に注目し、さらなる成功を祈りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る