タウンページの廃止はいつ?130年の歴史が終了する日

2024年7月11日、NTT東日本と西日本が130年間続いた「タウンページ」の冊子発行を終了することを発表しました。

スマートフォンやインターネットの普及により、紙の電話帳の需要は大きく減少しました。

この記事では、タウンページ廃止の具体的な時期やその背景について詳しく解説します。

 

 

はじめに

「タウンページ」といえば、黄色の表紙と分厚い冊子でおなじみの電話帳です。

長年にわたり、多くの家庭や企業にとって欠かせない情報源として親しまれてきました。

しかし、時代の変化とともにその役割は変わり、現在ではインターネット版の「iタウンページ」へとシフトしています。

 

 

背景と目的

本記事では、タウンページの廃止時期に焦点を当て、具体的にいつ廃止するのか?(最終発刊日はいつなのか?)その理由や影響について詳しく見ていきます。

また、紙のタウンページからデジタル版への移行についても紹介し、今後の展望を探ります。

 

 

 

 

タウンページ廃止の時期

紙のタウンページの発行を廃止するという情報は発表されてますが、具体的に何年何月何日に廃止するのかの発表はされておりません。

 

具体的な廃止時期

地域ごとの最終版の発行月や掲載受付締切日については、NTT東日本のホームページで案内されています。

具体的なタウンページの廃止時期については、NTTのホームページをチェックする必要があります。

記念に最終発刊号を買っておけば、将来プレミア価格がつくかと思われますし、130年の歴史を持っているので注文が殺到しそうですね

 

 

ハローページの終了

ちなみに、個人や企業の電話番号を五十音順に掲載した「ハローページ」は、2023年2月に最終版が発行され、すでに廃止されています。

この廃止により、紙の電話帳はその歴史に幕を下ろし、インターネット版への移行が加速しています。

 

 

 

廃止の理由

紙のタウンページが廃止される背景には、いくつかの重要な要因があります。

 

インターネットの普及

インターネットの普及により、情報を得る手段が多様化しました。

スマートフォンやパソコンを使って簡単に情報を検索できる時代になり、紙の電話帳の需要が大幅に減少しました。

 

コミュニケーション手段の変化

携帯電話やインターネットを使った通話アプリ、SNSなどの新しいコミュニケーション手段の普及により、固定電話の利用が減少しています。

これに伴い、固定電話の番号を掲載する紙の電話帳の必要性も薄れてきました。

 

個人情報保護の意識向上

個人情報保護に関する社会的意識の高まりも、紙の電話帳廃止の一因となっています。

電話番号や住所などの個人情報が掲載されることに対する懸念が増し、利用者の減少につながりました。

 

これらの要因が重なり、紙のタウンページの発行継続が難しくなり、廃止が決定されました。

 

 

 

 

 

最終版の発行スケジュール

タウンページの最終版発行スケジュールについて、詳細が発表されています。

 

地域ごとの発行スケジュール

地域ごとの最終版発行月や掲載受付締切日については、NTT東日本およびNTT西日本のホームページで案内されています。

これにより、利用者は自分の地域の最終版発行時期を確認することができます。

 

ハローページの最終版

ハローページの最終版は、すでに2023年2月に発行されており、これをもってハローページの廃止が完了しています。

タウンページとハローページの両方の最終版発行により、紙の電話帳の歴史が幕を閉じることになります。

この発行スケジュールにより、利用者はタウンページの最終版を受け取り、インターネット版の「iタウンページ」へ移行するための準備を進めることができます。

 

 

 

 

 

デジタル化への移行

紙のタウンページの廃止に伴い、デジタル化への移行が進められています。

 

iタウンページの普及

NTT東日本と西日本は、インターネット版の電話帳「iタウンページ」を積極的に提供しています。

これにより、利用者はスマートフォンやパソコンから簡単に企業や店舗の情報を検索できるようになりました。

 

つながるタウンページアプリ

「つながるタウンページ」アプリも提供されており、タウンページ広告にアプリを起動したスマートフォンのカメラをかざすことで、該当の店舗や会社の詳細情報を取得できます。

このアプリを使うことで、紙のタウンページ以上の情報を手軽にアクセスできるようになりました。

 

電話帳ライブラリー

紙のタウンページ・ハローページ企業名編を電子化した「タウンページライブラリー」も提供されており、過去の情報もデジタルで閲覧することができます。

これにより、紙の電話帳が廃止されても、必要な情報にアクセスし続けることが可能です。

 

 

デジタル化への移行により、タウンページは時代に合わせた形で利用者に情報を提供し続けます。

 

Pocket
LINEで送る